(有)今藤自動車整備工場の詳細情報、口コミ評判は自動車屋リストで!

口コミ比較サイト自動車屋リスト

カーライル曰く

一生の仕事を見出した人には、ほかの幸福を探す必要はない。


(有)今藤自動車整備工場 」の自動車屋詳細
北海道伊達市山下町147 ご近所マップ

最寄駅・アクセス: JR室蘭本線(長万部・室蘭~苫小牧) 伊達紋別駅

「自動車屋リスト」で見ましたと一言
0142-23-2338 口コミを投稿する
情報の更新削除専用フォーム >>
総合  eval_star_off eval_star_off eval_star_off eval_star_off eval_star_off 0.00  |  口コミ  この自動車屋の口コミ  0件)  | 
口コミ評価(1~5)
サービス満足度 技術 スタッフ接客 店内雰囲気 交通の利便性 待ち時間 コストパフォーマンス
- - - - - - -

(有)今藤自動車整備工場の口コミ

購読する RSS購読
投稿された口コミ情報は当サイトで審査を行い、内容の信憑性やマナー、モラルのチェックを行った後に公開しておりますが、
投稿者の主観的なご意見ですので、あくまでも一つの参考としてご活用ください。

自動車屋概要

当サイトは皆様からの情報やご意見で成り立っており、掲載されているデーターは必ずしも正しいものとは限りません。
気になったお店にご来店の際は、料金・サービスメニューなどは、事前にお確かめになることをお勧めします。

(こちらの情報を更新、若しくは削除する場合は…)
店舗名 (有)今藤自動車整備工場
店舗名カナ
電話番号 「自動車屋リスト」で見ましたと一言
0142-23-2338
フリーダイヤル
FAX 0142-25-7540
ホームページ  
メールアドレス
住所 北海道伊達市山下町147
最寄駅 JR室蘭本線(長万部・室蘭~苫小牧)   伊達紋別 駅
画像
店舗紹介文
営業時間
休日
代表者
スタッフ
駐車場有無
駐車場台数
創業年
使用可能カード
平均利用単価
(有)今藤自動車整備工場の地図
(有)今藤自動車整備工場のご近所MAP

北海道の市区町村でさらに探す

最近の口コミ投稿

ショップナインプロダクション

お洒落な店作りで、綺麗なヴィンテージカーがショールームに展示されています。皆さん騙されたと思って一…

続きを見る
サトウエンジニアリングサービス

あまり愛想の良くない印象だった。 点検料として約10万円上乗せされた割に、点検の紙渡されただけで説明…

続きを見る
マイタ自動車工業(有)

サイテーな態度を取られました・・・

続きを見る
スバル東愛知販売(株)/東営業所

先日用事で来店しましたが、いらっしゃいませ!の言葉も無く、他のお客にはお出向かいするなど、差別を受…

続きを見る
(有)飯田モータース

ここで4ストのバイクを購入し、大変な損害を被りました。4ストバイクなので、オイルのメンテナンスも合…

続きを見る
スポンサードリンク

自動車屋リスト!携帯版はこちら

QRコード 携帯サイトへ簡単アクセス

最寄り駅から、かんたん検索!!

お勧め書籍

トヨタが消える日 利益2兆円企業・貪欲生産主義の末路
トヨタが消える日 利益2兆円企業・貪欲生産主義の末路
鬼塚 英昭 成甲書房
価格:¥ 1,785
【目次】
[序として]人の心が変わったから、車は売れなくなった

[第一章]トヨタ、その栄光と落日
慢心が崩壊させたトヨタ神話
「ものづくりニッポン信仰」の驕り
「貪欲生産至上主義」にしのび寄る不安材料
まっさかさまに落ちてゆく全米の販売台数
環境戦略車プリウスでさえ売れなくなった
「欲望という名の電車」の終着駅
ついに姿を現した世界同時不況の大波
蒼ざめる中小企業、見えなくなった景気の底

[第二章]トヨタから金が消えていった
急降下する株価、その真の意味
二十一世紀の「労働者ぶっ壊し装置」
不況は地方から中央を目指す
減額・減益・減産、トヨタの大異変
消えた手持ち資金二兆円、時価総額十七兆円

[第三章]トヨタショックが日本を覆い尽くす
車は一年一年売れなくなっていく
落城前夜、ビッグ3の愁嘆場
トヨタとホンダの業績差はこうして生じた
「悲観的なシナリオ」に徹するホンダの経営
難局に立ち向かうスズキの危機意識
クルマとは所詮、馬やラバの代わりではないのか
トヨタは「レクサス病」に罹ってしまった
日本全国に急拡大する「トヨタショック」

[第四章]日本経済が融けてゆく
バブルを演出した「金融マフィア」と「生産マフィア」
貪欲主義者たちは敗北した
ジャパン・バッシングはなぜ起こらないのか
GMの命運は日本人の生活に直結する
「ノーモア・トヨタ」の烈風が吹くのはいつか
日本人よ、「アメリカ人の誇り」に心をくばれ
貪欲生産主義を捨て、共生主義に求める活路

[第五章]奢れる者たちの宴の時は終わった
「1台買うと1台おまけ」、投げ売りの惨状
逆風下で際立つホンダの抵抗力
「利益二兆円病」を精神分析する
日産ゴーン社長が語る「日本経済三つの危機」
スズキ会長の確信予言、「大津波は時間差で到来する」
未体験ゾーンに入り込んだ日本経済
電気自動車は果たして救世主となるか
オバマ新大統領はデトロイトの案山子である
「盛者必衰の理」を地でいく自動車産業

[おわりに]若き人々への、最初で最後の手紙