ロースタイルサッポロの詳細情報、口コミ評判は自動車屋リストで!

口コミ比較サイト自動車屋リスト

旧約聖書曰く

正しき者は、悩み多し。


ロースタイルサッポロ 」の自動車屋詳細
北海道札幌市北区篠路町拓北6-1179 ご近所マップ

最寄駅・アクセス: JR札沼線 あいの里教育大駅

「自動車屋リスト」で見ましたと一言
011-299-1117 口コミを投稿する
情報の更新削除専用フォーム >>
総合  eval_star_off eval_star_off eval_star_off eval_star_off eval_star_off 0.00  |  口コミ  この自動車屋の口コミ  0件)  | 
口コミ評価(1~5)
サービス満足度 技術 スタッフ接客 店内雰囲気 交通の利便性 待ち時間 コストパフォーマンス
- - - - - - -

ロースタイルサッポロの口コミ

購読する RSS購読
投稿された口コミ情報は当サイトで審査を行い、内容の信憑性やマナー、モラルのチェックを行った後に公開しておりますが、
投稿者の主観的なご意見ですので、あくまでも一つの参考としてご活用ください。

自動車屋概要

当サイトは皆様からの情報やご意見で成り立っており、掲載されているデーターは必ずしも正しいものとは限りません。
気になったお店にご来店の際は、料金・サービスメニューなどは、事前にお確かめになることをお勧めします。

(こちらの情報を更新、若しくは削除する場合は…)
店舗名 ロースタイルサッポロ
店舗名カナ
電話番号 「自動車屋リスト」で見ましたと一言
011-299-1117
フリーダイヤル
FAX 011-299-1118
ホームページ  
メールアドレス
住所 北海道札幌市北区篠路町拓北6-1179
最寄駅 JR札沼線   あいの里教育大 駅
画像
店舗紹介文
営業時間
休日
代表者
スタッフ
駐車場有無
駐車場台数
創業年
使用可能カード
平均利用単価
ロースタイルサッポロの地図
ロースタイルサッポロのご近所MAP

北海道の市区町村でさらに探す

最近の口コミ投稿

ショップナインプロダクション

お洒落な店作りで、綺麗なヴィンテージカーがショールームに展示されています。皆さん騙されたと思って一…

続きを見る
サトウエンジニアリングサービス

あまり愛想の良くない印象だった。 点検料として約10万円上乗せされた割に、点検の紙渡されただけで説明…

続きを見る
マイタ自動車工業(有)

サイテーな態度を取られました・・・

続きを見る
スバル東愛知販売(株)/東営業所

先日用事で来店しましたが、いらっしゃいませ!の言葉も無く、他のお客にはお出向かいするなど、差別を受…

続きを見る
(有)飯田モータース

ここで4ストのバイクを購入し、大変な損害を被りました。4ストバイクなので、オイルのメンテナンスも合…

続きを見る
スポンサードリンク

自動車屋リスト!携帯版はこちら

QRコード 携帯サイトへ簡単アクセス

最寄り駅から、かんたん検索!!

お勧め書籍

自動車が危ない (新潮新書)
自動車が危ない (新潮新書)
塚本 潔 新潮社
価格:¥ 714
【抜粋より)】
 はじめに  次々と明るみに出た三菱自動車の品質問題と隠蔽行為。その不正行為の規模の大きさに、ユーザーの不信感は爆発した。だが、果たしてこれは三菱自動車だけの問題なのか。他のメーカーも同じようにリコール隠しをしているのではないか? 品質は大丈夫なのか? そのような疑問が浮かぶのは、自然の成り行きだろう。 ところが、これに正面から答えてくれるマスコミ報道は残念ながらまったくない。私はその疑問を解くため、大手メーカーの品質責任者に対するインタビューを中心に、自動車メーカーが抱える構造的な問題へと取材の対象を広げていった。 そこで明らかになったのは、さすがにリコール隠しはないにせよ、他メーカーにも少なからず三菱自動車と同じ品質問題が生じていることだった。 近年、自動車業界全体でリコール件数が急増している。ボストン・コンサルティング・グループによれば、世界的に見ると、ここ一〇年間でリコール件数が倍増したという。 なぜリコールは増え続けているのか。 最大の原因はメーカー間の競争激化によるコスト削減の影響だ。上位メーカーの好収益と裏腹に、品質問題が拡大したといえる。そればかりか、今後も電子化の影響で不具合が複雑化することが予想され、これまで以上にリコールが増える可能性すらある。 また一方でクルマは、大きな変化を遂げようとしている。従来型のメカニカルなクルマから、電子化技術などの先進的な技術を駆使したクルマへ。まさに現在は、その移行期だ。 国内の自動車産業自体は、すでにその歴史が六〇年にならんとするオールド・エコノミーである。そこには、内部の人でなければ理解できないような価値観や習慣が存在する。三菱の場合は、リコール隠しというとんでもない習慣を社内につくり上げてしまった。 トヨタ、日産、ホンダなどの上位メーカーは、グローバルな市場で鍛えられた価値観で顧客を捉え、先進的かつ魅力的な商品を生みだしている。必然的に彼らが志向するのはオープンな世界であり、リコールをも含めた積極的な情報公開を試みようとしている。本書を通じて語られるのは、「クルマは壊れなくて当たり前」といった日本人ユーザー特有の神話を打破し、「基本的に機械は壊れるもの」「人間も機械も完全ではない」といった現実に立ち戻り、新たな品質の基準づくりに挑戦するメーカーの姿でもある。 技術の進化は止まらない。メーカーはレーダーを使