オーバーラップの詳細情報、口コミ評判は自動車屋リストで!

口コミ比較サイト自動車屋リスト

ボエーティウス曰く

愛する者たちに誰が掟を課することができよう。愛はそれ自体はるかに偉大な掟なのだ。


オーバーラップ 」の自動車屋詳細
福岡県糟屋郡須惠町植木764-1 ご近所マップ

最寄駅・アクセス: JR香椎線(香椎~宇美) 須恵駅

「自動車屋リスト」で見ましたと一言
092-936-5258 口コミを投稿する
情報の更新削除専用フォーム >>
総合  eval_star_on eval_star_on eval_star_on eval_star_off eval_star_off 3.43  |  口コミ  この自動車屋の口コミ  1件)  | 
口コミ評価(1~5)
サービス満足度 技術 スタッフ接客 店内雰囲気 交通の利便性 待ち時間 コストパフォーマンス
4.00 5.00 3.00 3.00 3.00 3.00 3.00

オーバーラップの口コミ

購読する RSS購読
投稿された口コミ情報は当サイトで審査を行い、内容の信憑性やマナー、モラルのチェックを行った後に公開しておりますが、
投稿者の主観的なご意見ですので、あくまでも一つの参考としてご活用ください。
板金の腕はすごいっすね。親切…
  • 板金の腕はすごいっすね。親切してもらいました!感謝!! 続きを読む>>
  • 投稿:2012/01/08 利用日:2011/12 27歳 男性
    評価 eval_star_on eval_star_on eval_star_on eval_star_off eval_star_off 3.43

自動車屋概要

当サイトは皆様からの情報やご意見で成り立っており、掲載されているデーターは必ずしも正しいものとは限りません。
気になったお店にご来店の際は、料金・サービスメニューなどは、事前にお確かめになることをお勧めします。

(こちらの情報を更新、若しくは削除する場合は…)
店舗名 オーバーラップ
店舗名カナ
電話番号 「自動車屋リスト」で見ましたと一言
092-936-5258
フリーダイヤル
FAX
ホームページ http://hptools.carpod.jp/owner/551840900/

自動車板金塗装・中古車販売・車検・修理・保険のオーバーラップ
メールアドレス overlap95@yahoo.co.jp
住所 福岡県糟屋郡須惠町植木764-1
最寄駅 JR香椎線(香椎~宇美)   須恵 駅
画像
店舗紹介文 板金塗装、車検、一般整備、新車中古車販売!!『安い、丁寧、安心できる』クルマ屋をモットーに、お客様のご要望にはすべてお答え出来るよう、日々前進し続けているクルマ屋 オーバーラップ です!!
営業時間
休日
代表者
スタッフ
駐車場有無
駐車場台数
創業年
使用可能カード
平均利用単価
オーバーラップの地図
オーバーラップのご近所MAP

福岡県の市区町村でさらに探す

最近の口コミ投稿

ショップナインプロダクション

お洒落な店作りで、綺麗なヴィンテージカーがショールームに展示されています。皆さん騙されたと思って一…

続きを見る
サトウエンジニアリングサービス

あまり愛想の良くない印象だった。 点検料として約10万円上乗せされた割に、点検の紙渡されただけで説明…

続きを見る
マイタ自動車工業(有)

サイテーな態度を取られました・・・

続きを見る
スバル東愛知販売(株)/東営業所

先日用事で来店しましたが、いらっしゃいませ!の言葉も無く、他のお客にはお出向かいするなど、差別を受…

続きを見る
(有)飯田モータース

ここで4ストのバイクを購入し、大変な損害を被りました。4ストバイクなので、オイルのメンテナンスも合…

続きを見る
スポンサードリンク

自動車屋リスト!携帯版はこちら

QRコード 携帯サイトへ簡単アクセス

最寄り駅から、かんたん検索!!

お勧め書籍

徳大寺有恒の「間違いだらけの輸入車選び」 (2006年上半期編) (ビッグマンスペシャル―ベスト・カー・ガイド)
徳大寺有恒の「間違いだらけの輸入車選び」 (2006年上半期編) (ビッグマンスペシャル―ベスト・カー・ガイド)
徳大寺 有恒 世界文化社
価格:¥ 1,470
【出版社コメントより)】
 日本一の自動車評論家・徳大寺有恒氏がナビゲートする好評輸入車ガイドの第6弾。今回も徳大寺氏が価格帯別に注目車種全65モデルを1台ずつ「買い」のグレードは何かをその理由まで踏み込んで紹介。さらに巻頭特集ではMINIクーパーのコンバーチブルやアルファロメオ156GTAなどプレミア必至のモデルを1台ずつ検証。クルマ自体の魅力はもちろん、オススメの色、オプション、何ヶ月待ちかなどなど購入の際に絶対に参考になるデータも掲載していきます。 2006年上半期の気になるクルマのすべてがわかる、クルマ選びガイドの決定版、それがこの1冊なのです。