長野県上田市のくるま屋さんの口コミ情報は、自動車屋リストで!

口コミ比較サイト自動車屋リスト

リヒテンベルク曰く

欲望を持つことが少なければ少ないほど幸福になるだろう、という言葉は昔から言われているが、しかし非常に間違った真理である。


上田市 」の自動車屋 1~10件目 / 137件

長野県上田市でさらに探す

竹花モータース

自動車、オートバイのオールメーカーを扱うお店です。整備、点検、車検はもちろん鈑金塗装もお任せ!。全国のオークションにて中古車の買い付け、販売、買い取りをしています。車のこと全て当社にお申し付け…


フォルクスワーゲン上田

カーセブン上田店


鈑金塗装センター

長野トヨタ自動車(株)/上田店


ネッツトヨタ長野(株)/上田店


アップル上田18号店

(有)神田自動車


※ こちらは店舗画像、店舗紹介文の有無と掲載情報の更新日順に並び替えを行っております。

最近の口コミ投稿

ショップナインプロダクション

お洒落な店作りで、綺麗なヴィンテージカーがショールームに展示されています。皆さん騙されたと思って一…

続きを見る
サトウエンジニアリングサービス

あまり愛想の良くない印象だった。 点検料として約10万円上乗せされた割に、点検の紙渡されただけで説明…

続きを見る
マイタ自動車工業(有)

サイテーな態度を取られました・・・

続きを見る
スバル東愛知販売(株)/東営業所

先日用事で来店しましたが、いらっしゃいませ!の言葉も無く、他のお客にはお出向かいするなど、差別を受…

続きを見る
(有)飯田モータース

ここで4ストのバイクを購入し、大変な損害を被りました。4ストバイクなので、オイルのメンテナンスも合…

続きを見る
スポンサードリンク

トレンドキーワード!!

どんなお店が検索されてるの?注目されてるの?

デイリーランキング!!

<< 10月 2017 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

自動車屋リスト!携帯版はこちら

QRコード 携帯サイトへ簡単アクセス

最寄り駅から、かんたん検索!!

このページは、上田市です!

上田市の自動車屋をご紹介しております。
地域、住所、店舗名、最寄り駅などから簡単に目的のお店を探すことが出来ます。
登録店舗数は日本最大!リストにない事業所、店舗をご存知でしたら新規登録フォームにてお知らせください。 また記載内容に誤りがありましたら同様にお知らせいただくようお願いいたします。
ご登録、ご変更は完全無料です。

お勧め書籍

トヨタが消える日 利益2兆円企業・貪欲生産主義の末路
トヨタが消える日 利益2兆円企業・貪欲生産主義の末路
鬼塚 英昭 成甲書房
価格:¥ 1,785
【目次】
[序として]人の心が変わったから、車は売れなくなった

[第一章]トヨタ、その栄光と落日
慢心が崩壊させたトヨタ神話
「ものづくりニッポン信仰」の驕り
「貪欲生産至上主義」にしのび寄る不安材料
まっさかさまに落ちてゆく全米の販売台数
環境戦略車プリウスでさえ売れなくなった
「欲望という名の電車」の終着駅
ついに姿を現した世界同時不況の大波
蒼ざめる中小企業、見えなくなった景気の底

[第二章]トヨタから金が消えていった
急降下する株価、その真の意味
二十一世紀の「労働者ぶっ壊し装置」
不況は地方から中央を目指す
減額・減益・減産、トヨタの大異変
消えた手持ち資金二兆円、時価総額十七兆円

[第三章]トヨタショックが日本を覆い尽くす
車は一年一年売れなくなっていく
落城前夜、ビッグ3の愁嘆場
トヨタとホンダの業績差はこうして生じた
「悲観的なシナリオ」に徹するホンダの経営
難局に立ち向かうスズキの危機意識
クルマとは所詮、馬やラバの代わりではないのか
トヨタは「レクサス病」に罹ってしまった
日本全国に急拡大する「トヨタショック」

[第四章]日本経済が融けてゆく
バブルを演出した「金融マフィア」と「生産マフィア」
貪欲主義者たちは敗北した
ジャパン・バッシングはなぜ起こらないのか
GMの命運は日本人の生活に直結する
「ノーモア・トヨタ」の烈風が吹くのはいつか
日本人よ、「アメリカ人の誇り」に心をくばれ
貪欲生産主義を捨て、共生主義に求める活路

[第五章]奢れる者たちの宴の時は終わった
「1台買うと1台おまけ」、投げ売りの惨状
逆風下で際立つホンダの抵抗力
「利益二兆円病」を精神分析する
日産ゴーン社長が語る「日本経済三つの危機」
スズキ会長の確信予言、「大津波は時間差で到来する」
未体験ゾーンに入り込んだ日本経済
電気自動車は果たして救世主となるか
オバマ新大統領はデトロイトの案山子である
「盛者必衰の理」を地でいく自動車産業

[おわりに]若き人々への、最初で最後の手紙